家づくり

【長野で家をリフォーム】オススメの業者さんの選び方、リフォームのメリット・デメリットを体験談から解説!

top

2015年に長野にUターンし築30年以上の家をリフォームしたのですが、子供が生まれ生活が変わった事、毎年冬の隙間風が辛かった事をきっかけにフルリフォームを検討。しかし思い切って新築へ!2021年ホクシンハウスで家を建てる予定!家づくりの体験談、お得情報などの記事を書いています!

現在住んでいる家や購入した物件をリフォームしようと考える方は多いかと思います。我が家もUターンで長野に来るためにまずは築30年以上の物件の水回りをリフォームしました。そして5年後フルリフォームを検討!今回は長野でリフォームする場合のオススメの業者さんの選び方、リフォームのメリットデメリットを体験談を踏まえてご紹介します。

リフォーム業者選び

家のリフォームをする時どの程度までリフォームするかを決めて、次にリフォーム業者を選びます。我が家の場合は「ホームプロ」というリフォーム紹介サイトから3つ、その他から2つの計5つの業者が候補として上がりました。

  1. A社(長野の工務店)
  2. B社(長野の工務店)
  3. C社(大手の系列会社)
  4. 新築そっくりさん
  5. 野村建設

※1〜3は「ホームプロ」からの紹介

結果から申し上げますと

一番良くしていただいたのは、「野村建設」でした。

なぜなら

  • 打ち合わせの時間を有効に使っていただいた
  • 連絡はこまめにしてくれた
  • 設計士の方が立ち合い話を聞いてくれたため思い通りの図面を作っていただけた

昔からお世話になっている建設会社さんというのもあるかもですが、非常に良くしていただき感謝しています。

さらに「この場所でリフォームをするのであれば新築並みの金額になってしまうので、可能であれば新築を検討するのもアリだと思います。もったいないです。」とのアドバイスをしていただきました。(これは他の業者も同じようなアドバイスはありました)

この場所で!?

そうなんです、我が家のリフォーム予定の家は場所的にかなり条件が厳しい環境でした。

野村建設の助言もあり最終的にはリフォームから新築へと進みました。

我が家のリフォーム予定地とは!?

ざっくりとした土地と建物の図ですがおおよそこんな感じです。

2世帯住宅で奥の我が家の部分をリフォーム+増築を予定していました。

1番の問題点は重機などの搬入路が確保できないため、解体などはほぼ手作業でやらなければならいない事でした。

手作業ですと解体費用が結構かかるようで、実際に見積もりを見ても想定以上の金額でした。

今回見積もりを依頼した業者さんの特徴とは!?

今回の記事で一番確認していただきたい点はココです。各業者さんによって対応がかなり違いました。少し踏み込んだ内容まで記載しますので、あまり対応が良くなかった業者さんに関しては名称を伏せて記載します。

またあくまでも我が家が感じた事ですのでそれを踏まえてお読みください。

打ち合わせを円滑にするために予めリフォームの希望を箇条書きにまとめて各業者さんに渡しました。

  1. A社(長野の工務店)
  2. B社(長野の工務店)
  3. C社(大手の系列会社)
  4. 新築そっくりさん
  5. 野村建設

※1〜3は「ホームプロ」からの紹介

A社(長野の工務店)

「ホームプロ」に登録後まずA社と打ち合わせをしました。A社の担当の方はリフォーム部の方で設計士ではありませんでした。

残念ポイント

  1. 希望していた内容とだいぶ違う図面だった
  2. 見積もり価格が4,000万円を超えていた(建物と外構で2,500万円〜3,000万円いかないぐらいで希望)
  3. 他の業者さんは増築に関して「できない」または「確認申請なしの範囲ならできる」のどちらかでしたが、A社だけは敷地のギリギリまで増築できるとの事でした。2〜3回確認しましたができるとのことでした。
  4. 何も進まない打ち合わせがあった(図面の修正を依頼したのですが、ほぼ同じような図面でメール添付してもらえれば確認できた内容でした。)
  5. 一番残念だったポイントは3回目の打ち合わせ後に連絡がなくなったこと。「次は現場の者と設計士と一緒に現地の確認をさせてください」とのことだったので、可能であればこの日程でどうですか?と話しました。「他のものと相談してまた連絡します。」から連絡はありませんでした。

B社(長野の工務店)

B社もA社と同じように設計士ではなくリフォーム担当の方との打ち合わせでした。

残念ポイント

  1. 図面を書いてみますとの話から1ヶ月以上連絡なし
  2. 1ヶ月以上経過後に連絡したら、そのご希望していた内容とだいぶ違う図面が出来上がってきた
  3. 修正を依頼し2回目の図面も見当違いの図面が出来上がった

C社(大手の系列会社)

C社はある意味非常に良かったです。打ち合わせは一度のみ。

建物を見させてもらった結果、既存の建物だけのリフォームでしたらOKですが、増築は我が社の基準に満たしていないためできません。

はっきりとしていたため非常に良かったです。特に残念ポイントはありませんでした。

新築そっくりさん

リフォームと言ったら住友不動産の「新築そっくりさん」を検討する方も多いと思います。

近くでイベントをやっていたので我が家も早速行ってみました。

担当していただいた方は非常に良い対応で我が家の希望も親身になって聞いてくれました。

しかし、残念だったポイントは・・・

「図面の作成をしまた連絡いたします。」から1ヶ月以上連絡がなかったこと

やはり1ヶ月開くと忘れられているんじゃないか!?と思っちゃいます!!

その他に関しては特別気になることはなく、しっかりと対応していただきました。

さらにあれだけ宣伝費をかけているから高額なのでは?と思ってましたが、めちゃくちゃ高いといった感じではなかったです。

また後日見積もりに関しては後日記事にしたいと思います。

野村建設

最後の野村建設さんは昔からお世話になっている建設会社です。今回の中では前述した通り一番良く対応していただきました。

良かったポイント

  • 打ち合わせの時間を有効に使っていただいた(無駄な打ち合わせはなかった)
  • 連絡はこまめにしてくれた
  • 設計士の方が立ち合い話を聞いてくれたため思い通りの図面を作っていただけた
  • 始めからここでのリフォームはもったいないと言ってくれた(かと言って営業をかけてくる事もなく)

マイナス面は特に無かったです。

最終的に見積もりが出たのは「新築そっくりさん」と「野村建設」の2社です。この段階でこの金額なら頑張って新築を建てようと!という事で全ての業者さんにお断りしました。

また今更ですがもっと地元の工務店にもお話伺えば良かったなと思いました。

  • サンプロ
  • まつけんのリフォーム
  • ホクシンハウス

などが気になったとこです。

業者さん選びのポイント

  • リフォームがどこまで可能なのかしっかりと説明があるか!
  • 担当者の方が自分たちの意見をしっかりと確認しているか!
  • 連絡がしっかりとしているか!
  • 担当者が自分たちと相性が良いか!
  • デメリットをしっかりと説明してくれるか!

業者さん選びでまず大事なのは「どこまでリフォームができるのかしっかりと説明があるか」です。我が家の例でいけばA社の「敷地ギリギリまで増築しフルリフォームができます」というところです。実際には確認申請をしてできたのかもしれませんが見積もりが4,000万円オーバー!!それなら新築建てます。

また同じくらい大事なのは「担当者」の方です。これは今新築の打ち合わせをしていてもそうですが、様々な方がいて対応も十人十色です。ただこの人とは相性がいいな、しかもこちらの意見をしっかりと図面に反映させてくれて連絡もまめにくれる方は必ずいます。この人なら任せられる、家が出来上がった後も付き合う方ですから重要なポイントです。

最後はデメリットをしっかりと教えてもらえるか。基本的に皆さんメリットしか言いません。なのでデメリットも確認してみましょう。

リフォームのメリット・デメリット

あくまでも我が家が感じたリフォームのメリット・デメリットです。

メリット

  • 大きな規模のリフォームでなければ安くできる
  • 新築に比べて工期が短い

デメリット

  • 大規模リフォームだと新築並みの金額になることがある
  • 間取りなどの自由度が限られる

まとめ

今回は長野でリフォームする場合のおすすめの業者さんの選び方、リフォームのメリット・デメリットについて体験談からご紹介しました。リフォーム業者さんは担当していただく方によってだいぶ対応が違います。リフォーム後もお世話になる方なので相性が良いかは重要なポイントです。

またリフォームは我が家が経験したように思ったよりも高額になるケースがあります。我が家は結果的に新築へと切り替えました。業者さんがあれこれ確認し、図面を作成そして見積もりまで3〜4ヶ月(我が家の場合)ほどかかります。可能でしたら新築も一緒に検討してもいいかもしれません。

無料で間取り作成ができるサイトはコチラ

タウンライフ家づくりではネットから無料で「間取り作成」「資金計画の作成」「土地探し」ができます。

通常は対面で話し合いをしながら間取り作成しますが、ネットのみで間取り作成してもらえるのが特徴です。

デメリットも記載していますので確認してから利用してみてください。

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

top

2015年に長野にUターンし築30年以上の家をリフォームしたのですが、子供が生まれ生活が変わった事、毎年冬の隙間風が辛かった事をきっかけにフルリフォームを検討。しかし思い切って新築へ!2021年ホクシンハウスで家を建てる予定!家づくりの体験談、お得情報などの記事を書いています!

-家づくり
-, ,

© 2021 さららログ Powered by AFFINGER5